都内最大の閻魔像!太宗寺でお参りしてきました。【東京都】

今回は新宿にある太宗寺を紹介したいと思います。

ここは都内最大の閻魔像が鎮座しています。
そして、閻魔像を含め、銅造地蔵菩薩坐像や奪衣婆像などの文化財に指定されている像があります。

また、新宿山之手七福神である布袋尊が祀られている寺でもあります。

このブログで太宗寺についてまとめていくのでぜひ読んでね!



太宗寺でお参りしてきました。

新宿にある太宗寺でお参りをしてきました。
正式には、霞山本覚院太宗寺と言います。

本尊。
  • 阿弥陀如来。
札所。

この銅像は東京都指定有形文化財に指定されている銅造地蔵菩薩坐像です。
江戸六地蔵の1つで第3番目にあたります。

江戸六地蔵とは宝永から享保にかけて江戸市中の6ヶ所に作られた銅造地蔵菩薩坐像のことです。

この白い地蔵は塩かけ地蔵尊です。
白いのは全部塩なんですね。

自分の痛い所を地蔵に当てはめて、その部分に塩をかけて祈願するそうです。
今では塩を被りすぎて顔を腕しか見えないです。

これが都内最大の閻魔像です。
全長は550cmもある巨像です。

すごく迫力のある見た目をしています。

御朱印。

御朱印はこんな感じです↑
本尊である阿弥陀如来と記載されています。

初穂料は300円です。

新宿山之手七福神。

太宗寺の境内には布袋尊が祀られています。

新宿山之手七福神用の色紙に書いてもらいました。
初穂料は400円です。

新宿山之手七福神については違うブログにまとめたので読んでね!

まとめ。

今回は新宿にある太宗寺についてまとめました。
境内には文化財となる像が数多く置いてあります。

その中でも閻魔像はとても迫力がありました。

ぜひ、行ってみてください。



タイトルとURLをコピーしました