江戸時代に神が宿る神社の森として崇敬された8つの森!江戸八森についてまとめてみました。【東京都】

今回は江戸八森についてまとめたいと思います。

江戸七森とは江戸時代に神が宿る神社の森として崇敬された8つの森のことです。
いずれも東京なので森ではなくなっていることもありますが、神社は残っているみたいです。

江戸三森に5つの森を加えた8つが江戸八森と呼ばれています。

江戸八森の8つの森の神社を紹介していきたいと思います。



烏森神社。

烏森神社は新橋駅から歩いて3分ほどの場所にあります。
本殿がコンクリート造りをしている珍しいタイプです。

技芸上達や必勝祈願成就、商売繁盛、家内安全などに御利益があります。

烏森神社では色を決めて占うことができる心願色おみくじが有名です。
超大吉が出ることもあるそうです!

そして、烏森神社ではカラフルな御朱印をもらうことができます。
違うブログで紹介しているので読んでみてね!↓

柳森神社。

柳森神社は秋葉原駅から歩いて10分ほどの場所にあります。

こじんまりとした神社ですが、とても雰囲気の良い神社でした。
おたぬきさんの愛称で親しまれている神社で、境内にはたぬきの置物や像が置いてありました。

「たぬき」という言葉が「他を抜いている」ということから出世や勝負運、金運、商売繁盛、良縁にご利益があるとされています。

社務所はないですが、自身で押すタイプの御朱印が用意されていました。

椙森神社。

椙森神社は人形町駅、小伝馬町駅から5分ぐらいの場所にあります。
1000年前に田原藤太秀郷、将門の乱を鎮定の為、戦勝を祈願するために創建されたそうです。

境内には江戸時代に行われていた富くじをしのんだ石碑が建てられています。
なので、宝くじの祈願に訪れる参拝客が多いそうです。

さらに、椙森神社は日本橋七福神の1人である恵比寿神を祀っている神社でもあります。

初音森神社。

初音森神社は馬喰町駅から歩いて5分ぐらいの場所にあります。
初音森ビルの2階部分に神社が作られていました。

森の面影は全くありませんでした。

社務所などはないものの、書き置きタイプの御朱印が置いてありました。

駒形諏訪神社。

嬉の森稲荷神社。

麻布氷川神社。

藏前神社。

まとめ。

今回は江戸八森についてまとめてみました。
江戸時代には神が宿る神社の森として崇敬された8つの森です。

しかし、いずれも東京なので森の面影は少なかったです。

神社名御朱印初穂料
烏森神社500円or1000円
柳森神社100円
椙森神社500円
初音森神社500円
駒形諏訪神社
嬉の森稲荷神社
麻布氷川神社
藏前神社

ぜひ、巡ってみてください!

ちなみに、江戸八森ではなく江戸七森というのもあるそうなのでこちらも巡ってみてください。



タイトルとURLをコピーしました